八葉会 大石記念病院|心の病基礎知識−うつ病(07)復職に向けて
文字サイズ|標準
■日暮里・舎人ライナー「江北駅」徒歩5分
■王子駅、日暮里駅、西新井駅よりバス利用
心の病 基礎知識
■ うつ病
 ■ 統合失調症
心の病の基礎的な知識、治療法について、 家族教室のテキストからご紹介します。
監修/大石光枝
(大石記念病院 副院長) 

7 》 復職に向けて

うつ病で休職する人が急増している昨今、仕事に復帰する前のステップとして、
うつ病専門のデイケアや復職プログラムへの参加が望ましいといわれています。
今回は職場復帰のためのプログラムの概要を事例でご紹介します。

■ 事例 《頑張れきれなくなったAさん【5】》
通院とカウンセリング、自宅でのリハビリで以前の調子を取り戻してきたAさんに、
主治医は職場復帰のためのリワーク・プログラムへの参加を勧めた。
週に数日、定期的にデイケアに通い、体力や集中力、作業能力のアップを図りながら、
症状のセルフチェックやストレス対処法も学び、復職に向けて準備していくという。
確かに、前回の休職の後、コンディションが戻らないまま職場復帰し、
あっという間に症状がぶり返すという苦い経験があった。
「まずは職場に通うのに近い形で、オフィスワークや色々な人とのコミュニケーションに慣れておくことも大事」
「同じ立場の仲間と出会えるのも励みになりますよ」という主治医の言葉に後押しされて、
Aさんはプログラム参加を決めた。
いざ始めてみると、久々の通勤ラッシュに揉まれて不安になったり、毎日症状をチェックして、
自分と向きあう作業が辛く思えることもあった。
それでも、同じように復帰を目指す仲間と出会い、
グループワークを通じてお互いの経験や不安を率直に話し合えたことは、大きな刺激になり、支えにもなった。
職種も立場も様々なメンバーと語り合うなかで、其々の経験がうつとの付き合い方のヒントになることも度々あった。
『辛いのは自分だけじゃない』『皆んなが同じように回復に向けて頑張っている』と勇気づけられたAさんだった。
やがて3か月のプログラムを終了し、Aさんは無事に職場復帰を果たすことができたのだった。

リワーク・プログラムについて
職場復帰のためのリワーク・プログラムを実施している機関は以下をご参考ください。
NPO法人MDA(うつ・気分障害協会
全国リワーク研究会(56医療機関のネットワーク)
東京都立中部総合精神保健福祉センター
【参考図書】: 職場のうつ 新版 AERAムック 朝日新聞社

医療法人社団 八葉会 大石記念病院   〒123-0845 東京都足立区西新井本町2-23-1 TEL.03-3898-7471(代)
Copyright (C) Hachiyokai. All Rights Reserved.