八葉会 大石記念病院|心の病基礎知識−統合失調症(04)治療法
文字サイズ|標準
■日暮里・舎人ライナー「江北駅」徒歩5分
■王子駅、日暮里駅、西新井駅よりバス利用
心の病 基礎知識
■ うつ病
 ■ 統合失調症
心の病の基礎的な知識、治療法について、 家族教室のテキストからご紹介します。
監修/大石光枝
(大石記念病院 副院長) 

4 》 治療法

統合失調症の治療は、薬物療法を中心に、
症状の快復や程度に応じて、精神療法やリハビリテーションを行っていきます。

1. 薬物療法
◆まずはお薬を飲むことが大切です。急性期・慢性期を通じて治療の基本となります。
◆しっかりお薬を飲み続けられるかどうかが、治療を左右します。
◆ご家族にも服薬の必要性をご理解いただき、協力していただくことが欠かせません。
◆病気をコントロールし、再発を予防するためには、お薬とうまく付き合っていくことが大事です。
◆そのためにも、主治医との連絡や定期的な受診は欠かせないものです。

◆お薬の種類
○この病気の原因である脳の神経系の障害(ドーパミンの過剰な働き)に作用する、『抗精神病薬』とよばれるもの
○『抗精神病薬』の副作用を抑えたり和らげるもの
○しっかり睡眠がとれるようにするもの

2. 精神療法
◆患者さんの状態に合わせた心理的サポートをおこないます。
◆主治医は、患者さんの悩みや心配事などの訴えにも耳を傾け、一緒に考えます。
◆また、病気の特徴や治療法、取り組み方などを説明します。
◆主治医との面接をとおして、病気や自分のもつ症状への理解が深まります。
◆また、不安が解消され、精神的な安定が得られるようになります。

3. リハビリテーション
◆回復後も残る『生活のしづらさ』を和らげ、
  家庭や社会で生活していくための適応力や、自信を回復していくためのプログラムです。
◆プログラムを通じて『作業への取り組みかた』、『人との付き合いかた』、
  『余暇の過ごし方』、『ストレスへの対処法』などを学んでいきます。
◆激しい症状が落ち着いた後、それぞれの回復のペースにあわせて行っていきます。
◆リハビリの場としては作業療法、デイケア、生活技能訓練(SST)などがあります。

医療法人社団 八葉会 大石記念病院   〒123-0845 東京都足立区西新井本町2-23-1 TEL.03-3898-7471(代)
Copyright (C) Hachiyokai. All Rights Reserved.